委託契約から就職につなげる人はテキパキしている

テキパキと仕事をこなす人材は、委託契約の枠にだけ留まることはありません。本人が望むかどうかは関係なく、契約先に就職することができる機会に恵まれます。人柄や能力の大小も就職してもらえるかどうかの基準に大きく関わってきますが、第一にテキパキしていることが条件です。
委託契約で仕事をしていれば、自分なりの段取りが形成されがちです。それが結果としてテキパキした動きにつながれば良いのですが、そうでなければ作業を委託している業者からは良い顔をされません。仕事量が多くなくなってくるだけではなく、最終的に委託契約を打ち切られてしまう可能性さえもあります。しかしながら、常にテキパキと仕事に取り組む人材を企業は見逃しません。契約期間が長くなるにつれて、先方の業者は就職についての話題を展開してくることが考えられます。
テキパキと動ける人材が就職しやすいのは、仕事を早く済ませてくれる期待が高いからです。緩慢な動きで作業していると、事前の準備に非の打ち所がない場合でも納期に間に合わなくなったりします。結果として業者の信用問題に発展するので、今後の委託契約の是非について話が交わされることになります。そうすると就職という終着点に降り立つ可能性は限りなく低くなり、いつまでも作業を委託される存在として扱われます。
仕事の正確性に定評があるに越したことはありませんが、大前提としてテキパキしていることが大事です。就職先でどのような作業を任されるにしても、テキパキさが最も重要視されます。作業の早さのみならず、テキパキと働く人材が一人でも在籍していると職場が活性化します。企業にとっては従業員の労働意欲を向上させる存在になり得るので、就職の話が持ち上がるというわけです。

ページの先頭へ戻る