就職とエクステとチェッカーについて

エクステとは、若い女性が使う本物の髪の毛のように見える、お洒落な髪の毛のアイテムの1つです。

例えば、髪の毛をアレンジしたい際に、このようなエクステを使うと、お洒落度がアップするため、美容院などによっては、このようなエクステを販売していたり、または美容師さんにお願いをすると、エクステをつけてくれる場合などがあります。

エクステを使った仕事がしたい場合、または就職がしたい場合には、このようなエクステを使う美容師さんになるか、またはまつげエクステのような施術を行う就職先を見つける等の方法があります。

美容師さんの就職の場合には、上記のように、髪の毛をアレンジする際に、このようにアイテムを用いますが、施術を行うまでには、なかなか修行の期間が必要であり、まずはアシスタントから、就職を行う…という方法になっています。

そのため、お会計のレジのチェッカーなどを行う傍ら、先輩美容師さんがどのようにして、髪の毛をアレンジしていくのか?などを見ながら、仕事をすることになります。

レジのチェッカーも行いながら、また、髪の毛の掃除をしながらの仕事となるため、すぐに施術を行いたい、アレンジを行いたい、などの希望はなかなか難しいです。

美容院に来てくれるお客様のほとんどが、プロの上手な方に依頼をして、お金を払っているので、なかなか素人にアレンジなどをさせてくれることは、ほとんど滅多にありません。

ただ、レジの受付やチェッカーを行っていることで、顔を覚えてもらえる中で、次第にお客様と仲良くなっていき、自分の腕も磨くことが出来るようになっていけば、エクステなどを使って、アレンジが出来る機会が、じょじょに、近づいてきます。

ページの先頭へ戻る