CADのスキルでは正社員の就職は難しい

就職を有利にするために資格をとることはよくあります。医療事務の仕事に就きたいときは医療事務検定や医療秘書検定を、総務関係なら社会保険労務士を、経理なら簿記であると職業に結び付くものを取得するのが普通です。CADという資格もまた建築関係の仕事につくときには必要な資格になります。CADは、建築図面の設計を3次元、オートやドラグといったCADで描く技能でパソコンをつかって建築物を作画して建築物を設計していくものです。この技能は実を言うと建築関係にとどまらず、機械設計や機械部品にも応用がきくもので作画できえる対応範囲は広いです。ですので就職に有利な資格と考えがちですが、実際はそうではなくこの技能をもっていても難しいこともあります。ではどうして就職のために難しいのかいいますとこのCADは設計の作画だけでの技能で、対象物である建築物や機械部品、一般機械の内容や構造を理解していること示しているものではないです。単純にいうと単なる設計の作画だけの仕事は正社員ではほとんどなく、建築や機械の設計をしていくうえでの技能なのでこのCAD検定を資格として持っているだけでは正社員としての雇用は難しいです。むしろこのCADの技能はパートとして求人は多くあるので、パートでの雇用は十分に見込めます。できれば建築設計や機械設計の知識や技能が豊富な方が、補助的なスキルとしてパソコンで設計も自分でできることの証明としてこのCAD検定を持っている場合においては、正社員の道が開けると言えます。たとえば建築士や土木施工管理士などの有技能資格とともにあれば就職できる幅が広がりますのでそうした正社員をめざすなら高い有技能資格と併せて取得することを勧めます。

ページの先頭へ戻る